close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 商工業 > 技術振興 > 令和4年度『砥部焼海外交流促進事業』ブラジル創造力×陶磁器 オンライントークの開催について

ここから本文です。

更新日:2022年12月5日

令和4年度『砥部焼海外交流促進事業』ブラジル創造力×陶磁器 オンライントークの開催について

 愛媛県の伝統産業である砥部焼の製造事業者が豊かな発想と柔軟な感覚を取り入れた商品を開発していくことを目的に、ブラジルの陶磁器に関連するデザイン・アートの潮流を紹介する4回のオンライントークを開催します。
 一般の方もブラジル陶磁器文化を体験していただけますので、ぜひご参加ください。

第4回 オンライントークについて

①日 時 令和4年12月13日(火) 20時00分~21時00分

②場 所 オンライン開催(ライブ配信)Zoom ※URLは別途案内いたします。

③内 容 文化交流の手段としての磁器、及びブラジル料理における磁器の活用の傾向
 今回のテーマは、「ガストロミー×食卓×陶器」。※ガストロミー…食事と文化の関係を考察すること
 ブラジル料理界の偉大なシェフたちの料理の魅力を引き出し、トレンドを生み出す、そのユニークな手腕やセンスが高く評価されているLuciana Tokita氏をゲストスピーカーにお招きし、ブラジル料理における磁器の活用の特徴や傾向について語ります。ホストを務めるのは、今年、砥部町で活動されたRachel氏です。

 ※参加費:無料 ※言語:ポルトガル語(日本語通訳あり)tokita

 ※詳細はこちら(PDF:497KB)

 

ゲストスピーカー

  • Luciana Tokita氏〔ブラジル在住、ガストロミー・経営コンサルタント〕
    ガストロミー×経営の専門家、エリック・ジャカンやジュン・サカモトといったブラジル料理界の偉大なシェフたちの右腕としても知られている。 

第3回 オンライントークについて

①日 時 令和4年11月10日(木) 19時45分~20時45分

②場 所 オンライン開催(ライブ配信)Zoom ※URLは別途案内いたします。

③内 容 現代アートと村落コミュニティはどう相互作用しあうか?
 今回のテーマは、「現代アート×村落コミュニティ」の視点から、フランスの南部の小さな村カルスでアーティスト・イン・レジデンス等の主宰するブラジル人Alessandra Monachesi Ribeiro氏をゲストスピーカーにお招きし、今年、砥部町で活動されたRachel氏と一緒に語ります。皆さんもアートと砥部町の関係について、改めて考えてみませんか。

 ※参加申込 ※参加費:無料 ※言語:ポルトガル語(日本語通訳あり)chirashi3

 ※詳細はこちら(PDF:406KB)

ゲストスピーカー

  •  Alessandra Monachesi Riberio氏〔精神分析学者 フランス在住〕
    スペインとの国境に近いフランス南部の村カルスで「カルス現代文化アソシエーション」を設立し、現代アートによる地域の活性化や教育活動などに取り組んでいる。

第2回 オンライントークについて

①日 時 令和4年9月29日(木) 20時00分~21時00分

②場 所 オンライン開催(ライブ配信)Zoom ※URLは別途案内いたします。

③内 容 デザインとは何か? ー分析、創造、解決
 今回のテーマは「今日のデザインを考える」。2022年、8月29日~9月2日まで砥部町で活動されたRachel氏をホストにゲストスピーカーとしてPatricia氏を招き、陶器市場におけるデザインの役割について語ります。皆さんもブラジルを通して、今日のデザインを考えてみませんか。

  ※参加申込(PDF:163KB) ※参加費:無料 ※言語:ポルトガル語(日本語通訳あり)

      ※詳細はこちら(PDF:371KB)

rachelfukutiji 田中副知事(左)とRachel氏(右) ※2022年9月1日訪問時

ゲストスピーカー

  • Patricia Naves(パトリシア・ネヴェス)氏 〔デザイナー〕
    自身のデザイン会社 Oiti Design を立ち上げ、MoMA Design Store で最も売り上げを誇る商品の一つである「Toast It Coasters」のデザインを手掛けるなど、多方面で活躍しています。

第1回 オンライントークについて

①日 時 令和4年8月23日(火) 20時00分~21時00分

②場 所 オンライン開催(ライブ配信)Zoom ※URLは別途案内いたします。

③内 容 ブラジルの陶磁器の歴史と現在

     プレコロンビア期の陶器から20世紀のブラジル、政治経済の変動と食器市場と今日の状況までをお伝えします。

    ※参加申込(PDF:191KB)

            ※参加費:無料

    ※言語:ポルトガル語(日本語通訳あり)

 プレスリリース(PDF:137KB)

 PRESS RELEASE(PDF:430KB)

 
ゲストスピーカー

  • Rachel Hoshino(ラッケル・ホシノ) 氏 〔ブラジルサンパウロ市で活躍する陶器デザイナー〕※2022/8/29~9/2 砥部町で活動
    コンサルタント、キュレーターとしても活躍、アイ・ウェイウェイ、ステファン・ドイチノフら国際的な現代アーティストの陶磁器作品の制作にも協力している。
     
  • Luiz Pellanda(ルイス・ペランダ) 氏〔デザイナー〕、Aleverson Ecker(アレヴェルソン・エッケル) 氏〔クリエイティブディレクター〕
    2006年 Holaria を立ち上げて以来、実験的で彫刻的な作品を制作。現在ではブラジルを代表するデザインブランドのひとつに成長。その作品は国内のみならず、ブラジル以外でも広く展示販売されている。コンサルタントとして、ブラジル有数の陶磁器企業 Germer Porcelanas のデザインにも関わっています。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部産業創出課 技術振興グループ

〒790-0001 松山市一番町4-2 NTT愛媛ビル2棟

電話番号:089-912-2482

ファックス番号:089-912-2469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ